うみうしって?

2017年7月12日 投稿者:平光秀樹

20170712 (19)

久しぶりに一息つきます(*´з`)

集中したらどうにも止まらない

私のレザークラフト、ついに

ここまで来ました。

マックブックを入れるバッグを

うみうしのイメージで作るというテーマです。

そもそも、うみうしって?

1024x768xf_hyoumon_jpg_pagespeed_ic_sQIFHMaRrn

…(゚Д゚;)なんか…きも(゚Д゚;)

海に住んでるグニャグニャの小っちゃい生き物らしい。

調べたら何十種類も生存してて、いちいち

カラフルに色がついてる気持ち悪い生き物である。

20170712 (17)

アタッシュケースで颯爽とマックブックを

出す感じで作ろうとイメージを膨らませました。

まずは木で枠を作るところからスタートです。

これに革を巻いて木材もろとも手縫い作業です。

20170708024312

今夜中の何時なのか分からなくなってる

日々を過ごしました。木に針を通す作業が

これほど大変だとは…(゚Д゚;)

だいぶ写真をすっ飛ばしましたが、かなり

いいところまで進んだ写真です。

20170712 (8)

持ち手は毒々しいオレンジに染めました。

床革を3枚重ねしてあるので持つほどに

手にしっくり馴染んでくる重厚なハンドル。

ビジネスマンみたいなアタッシュケースには

したくないので真鍮のレバー式金具でアンティーク

な雰囲気を出してあります。

20170712 (7)

底の丁番。

 

あーでもない、こーでもないと

試行錯誤の末、ついに完成です(≧▽≦)

20170712 (6)

アートなうみうしアタッシュ降臨~(*”▽”)

エアブラシで白を吹き付けて斑点模様も

染料による手描きです。

あのグニャグニャうみうしを四角いアタッシュケース

にどうやって表現するかが最大のポイントでした。

20170712 (1)

味わいたっぷりの真鍮金具のレバーと

20170712 (9)

ボタンで開けます。

ステッチはターコイズとオレンジで毒を表現してあります。

何度もうみうしの写真見てたら次第にかわいく

思えてきた(*’▽’)

20170712 (5)

内装も一切抜かりなし!!

手前にA4用紙がジャストで納めれるように

ベルトを付けました。

20170712 (10)

マックブックを入れるポケット。

動かないようにボタン付きの赤いベルトで押さえます。

ゆるい外観とは対照的な中の高級感。

20170712 (4)

複雑な作業工程が想像できるステッチ。

その苦労が報われるケドモリ君の刻印。

20170712 (11)

コンパクトなサイズで作りたかったので

かわいさが際立ちます。まさかここから

仕事で使うマックブックと資料が

出てくるとは誰も思うまい(゚Д゚;)

20170712 (2)

想像を絶する長い闘いを終えたアタッシュケース。

無事お客さんにお渡しできました。

この感覚にちゃんと応えてくれる感性の持ち主

なのでめちゃくちゃ似合ってましたよ\(^o^)/

自分も欲しくなってきた。

時間ができたら、いつか作ろ~(*”▽”)

ブログTOP

カテゴリー

最近の記事

月別アーカイブ

* RSS FEED